私が一番オススメのドラマは、もう終了してしまっていますが、Motherです。衝撃的なオープニング映像が流れてきます。

子供の虐待という社会的にも衝撃的なテーマでしたが、多少のフィクションはありましたが、親の虐待というのは、現実にも実際に起こっていることです。

ドラマでは、小学生の少女が食事も満足に与えられず、母親の彼氏にゴミ袋へ入れられて外へ捨てられ死にかけてしまうところから、ドラマのストーリーが始まります。

小学校1年生に見えない少女・・・・。いつも御飯を作ってもらえないので成長できず、給食も盗み食いをしてしまいます。

不審に思った担任の先生は少女の家に家庭訪問に訪れますが、母親はほとんど不在です。居留守も使います。

少女は家の中では母親の彼氏に殴られないように、常に言うことを聞いて、どんなにつらい事でも耐えていました。

担任の先生は事情があって他の人には関わろうとはしていませんでした。それは、自分が担任している生徒でも同じような態度をとっていましたが、虐待されていた少女は何故か気になりました。

ご飯を食べさせてもらってないと聞くと、少しずつ自分の家でご飯を食べさせたりしていました。
その帰り道のことです。少女はポストへ直行します。
何かを待っているのかはわかりませんでした。

しばらく経ってからのことです。
雪が降ってきたある日、少女は学校に来ませんでした。
不思議に思った担任の先生は少女の家を訪ねましたが、音沙汰がありません。
先生が引き返そうとすると、ゴミ袋がわずかに動きました。
気になった先生はゴミ袋の中を開けてみると・・・(;゚Д゚)!

少女がゴミ袋の中に入っていて、気絶していたのです!!

先生は少女を病院へ連れて行き、自宅で看病をします。
気がついた少女は凍えていました。

大泣きした少女は、郵便ポストに宛名や住所の書いていない手紙を赤ちゃんポストに宛てて出していて、今の生活から抜け出したくて、助けてほしくて、赤ちゃんポストからのお迎えを毎日待っていました。

それを聞いた先生は、少女を母親とその彼氏から引き離し、自分が母親として少女を育てていくことを思いつきます・・・。

自分が犯罪者になっても少女を守っていこうと決めていました。
名前も虐待された母親がつけた名前ではなくて、新たに名前をつけました。

北海道から東京へ出て、2人は新しい生活を始めます・・・。

初回からものすごく泣けるストーリーでとても切なくなりますが、まだまだ泣けるポイントがあって、最終回まで何回観ても飽きないストーリーなので、老若男女関係なくみんなにとって
も知ってほしいストーリーのあるドラマなので、是非、オススメしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です